株式会社エイコーホーム

お電話でのお問い合わせは 0120-45-8150

ブログ

最近の記事

ARCHIVE

2020/12/8 沖ノ島釣行

   
   

先日までひたすら漆喰の仕上げに追われて、毎朝暗いうちから日暮れまでノンストップの仕事。

 

疲労はそこそこ有りましたが、日帰り釣行で高知県宿毛市へGO~!

 

「夢のロクマル(60cm)尾長グレを仕留めるぞ!!」

 

てなわけで、勤務が終わり急いで帰宅し、風呂入って飯食って荷物を載せて待ち合わせの釣具店へ。

 

同行者の車に荷物を乗せ換えて20時30分に姫路を出発~(^^)/

 

宿毛に到着予定はAM1時30分位です。なかなかの長旅ですな、、、

 

車中ではどうやって大物を釣り上げたろうかとか、スマガツオが食いたいなとかまだ見ぬ釣果に盛り上がります。^^;

 

順調に来て宿毛の片島港に到着!

 

渡船出港はAM5時30分なので、少し仮眠でもするか~とシートを倒して横に。

 

普段は夜10時には布団に入っているオッサンなのでさすがに眠い(*_*)Zzz、、、

 

あ~~寝たい!!

 

寝たいのに横でガサガサ、ガサガサ。 ビニール袋の音からの「パキュ、ゴクゴクゴク、、、グヴァ~~ッぷ  クッチャモッチャ  ゴクゴクゴク、、、オヴァ~~~   ガサガサガサ、、、、、、、、、」

 

寝れるか~い(-“-)

 

イカ臭い車の中まどろみ、気が遠くなりかけた時、、、、「Pi Pi Pi Pi….] AM4時30分のアラーム。

 

もうフラフラする中準備して、無理やり朝飯食って乗船。

 

平日でも数隻の渡船にはお客さんが結構いるなぁ~と感心。

 

今回の渡船は島一渡船さんにお世話になりました。

 

海上では13mの北風が吹いているようですが、港はあまり感じないので大したことないのかな~。

 

5時30分、いざ出港ー。

 

轟音でぶっ飛ばす船、ポイントまで1時間弱、少し寝るか~Zzz。

 

が、しばらくして太平洋に出ると「ドッパ~ン ドッパ~ン」

 

寝れるか~!  跳ねまくって頭打つし”(-“”-)”

 

88

 

磯釣り師誰もが憧れる名磯「二並島 東のハナ高場」

 

TVで松田 稔氏がデカい尾長を釣り上げている場所です。

 

ここなら最高なんですが、泊り客優先なので無理~。

 

僕らはその隣の「東の1番」へ渡磯。

 

KIMG5058

 

まだ暗い中ゆっくりと準備し、少し明るくなってから いざ実釣!

 

わくわく、ドキドキしながらその瞬間を待ちます。

 

「ズキューン」

 

ウキが消し込み強烈な引きに耐えながら上がってきたのは良型サンノジ!^^;

 

KIMG5062

 

マジで尾長かと思ったのに残念、、

 

海中には時々馬鹿でかいやつが見えますし、少し沖目には80cmは楽に超えている怪物タマミ(掛けても取れませんが^^;)が乱舞していて雰囲気ムンムンです!!

 

「ズキューン」

 

おっ、と思ったらクチブト。良型でした。

 

66

 

よっしゃ次は尾長だー!  と意気込むも

 

「チュンッ」  「チュンッ」

 

強烈すぎて掛けても3秒も持ちません、、、

 

がまかつインテッサが海中に刺さりますが、どうしようもないのです。トホホ

 

日本海の磯ふかせ釣で70cmまで位のヒラマサは何回も取っているのに、ここの魚はそれ以上です。毎日オキアミボイルで筋肉が半端ないのでしょう。

 

今回は少し準備不足だったかもしれません。この海域の魚を甘く見ていました。(-“-)

 

次回は泊りでの釣行予定ですので作戦を練り直して、絶対に取ってやるぞ~! と思うのでした。(^^)/

 

KIMG5072

 

 

 

 

(余談)

カツオのおまけ! スマが良かったなー。 美味かったけど!

クチブトは筋肉質が半端なくて、焼くとフグみたいにブリっとしてすごかったです。

 

44